1日1食や2食ダイエットは太りやすくなることも

1日1食ダイエット、もしくは1日2食ダイエットは太りやすくなることもあります。
まずひとつめの理由として、食事と食事の間隔が空くことで血液中の糖質が減ってしまい、エネルギーが不足して体全体の代謝が落ちてしまうためです。
そして次の理由として、エネルギーが不足した体が次の食事で無駄なく糖質を吸収し、蓄積しようとするためです。
さらに、空腹のため、次の食事を食べすぎてしまうからです。
激しい空腹は精神を不安定にし、ダイエット上の多大なストレスにもなります。

お相撲さんは朝食を食べません。それにも関わらず、朝から猛烈な稽古をしますので、激しい空腹が何時間も続きます。そしてその後に、ちゃんこ鍋などを一気に食べます。
相撲取りとしての立派な体を築き上げるために、わざと体重を増加させるようにしているのです。
ダイエットをしている方は、食事の回数を減らす方法よりも、肝臓の脂肪合成能力を高めさせない方法にすると効果があるといえます。
お酒はほどほどに、おつまみを食べすぎず、長時間空腹にならないようにしましょう。
もし空腹状態になってしまっても一気にたくさん食べないようにすることが大切です。
そして、1日3食を基本にバランスよく食事をとるようにしましょう。