Monthly Archives: 10月 2014

ダイエットとして最もよくおこなわれているのは、食事制限です。
食べる量を減らすことで、体重が増えることを防ぐことができますし、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回るので、どんどん痩せていくのです。

しかし食事制限をおこなうことで、体に入ってくる栄養素は減ってしまいます。
糖分や脂肪分の摂取が減るのは良いとしても、その他の健康に必要な栄養素の摂取量まで減ってしまうのは問題です。
それにより健康状態が悪くなると、体を動かしにくくなったり髪や肌の質が低下したりで、せっかく痩せても快適な生活がしにくくなるからです。

ダイエット中に必要な栄養素は、主にカルシウムやたんぱく質です。
肉類を食べることを控える場合が多いので、カルシウムやたんぱく質の摂取量が減り、骨や筋肉が衰えやすくなるからです。
カルシウムは小魚から、たんぱく質は大豆食品から摂取すれば、低カロリーでヘルシーです。

また、ビタミン類の摂取も必要です。
ビタミン類には、体内の粘膜や皮膚を丈夫にしたり、疲れにくい体にしたりする作用があります。
摂取により、食事制限による衰えやスタミナ不足の影響を少なくしてくれるのです。

さらにビタミン類の多い食品には、繊維質も多く含まれている場合が多いです。
繊維質は脂肪分の吸収をブロックしてダイエット効果を高めてくれるので、これもまたダイエット中に摂取するべき栄養素だと言えます。